About Us_BackUp

小坂七滝ワイナリーについて

目指すは「世界」が認める「山葡萄ワイン」のワイナリー

地域の財産(山ぶどう)を唯一無二の「日本ワイン」として「世界」のワインマーケットに果敢にチャレンジします

葡萄主力栽培品種 Breed

火山灰地と冷涼な気候は"良質"な「山葡萄」を育み、他を圧倒する「日本ワイン」クオリティへ

国内有数の観光地「十和田湖」は火山の噴火できた「火山湖」、小坂の地質は「火山灰地」が拡がります、水はけがよく、一年を通して冷涼な気候が「山葡萄」にとっては最高のローケーション

品種 Breed:ワイングランド

ワイナリー主力品種、上品な「酸味」とほのかな「甘み」が特徴

繊細で爽やかな風味が特徴の山ぶどう系品種、上品かつ骨格ある味わい

ワイナリー主力品種、上品な「酸味」とほのかな「甘み」が特徴

「ワイングランド」は、北海道の山ぶどう、モスクワアムレンシス、セイベルとの交配種。

やさしく爽やかで、柔らかい風味のある人気の「山ぶどう」系配種です。

品種 Breed:小公子

ポピュラーな山ぶどう系品種、濃厚な色素とエレガントな酸が特徴

「小公子」は、ヒマラヤの山ぶどうとの交配種といわれるが、交配は諸説あり多くの山ぶどう交配種の中から年月をかけて選抜し、その魅力が見いだされた貴重な赤ワイン用品種。

高い糖度に黒紫色の濃厚な色素とエレガントな酸が特徴の「山ぶどう」交配品種です。

繊細で爽やかな風味が特徴の山ぶどう系品種、上品かつ骨格ある風味に仕上げました

ワイナリー主力品種、上品な「酸味」とほのかな「甘み」が特徴

「ワイングランド」は、北海道の山ぶどう、モスクワアムレンシス、セイベルとの交配種。

やさしく爽やかで、柔らかい風味のある人気の「山ぶどう」系配種です。

醸造 Brewing:フリーラン100%果汁+シャンパン酵母醸造

ぶどうを圧搾せず自然落下させたフリーラン果汁100%のみを原料にした製法

果皮や種からの雑味を少なくするため、ぶどうを圧搾せず自然落下させて原料を取り出し、そのままタンクで醸造、
山葡萄系品種はぶどう一房あたりの摘出できる原料が他と較べると少なく、さらにフリーランとして醸造することで最終的な完成品は各段に少なくなります、とても「贅沢」な製法になります。


シャンパン酵母を使用することで、山葡萄系ワインの特徴でもある「フレッシュ」で「フルーティー」なテイストをさらに引きだたせるすることが可能になります。


しかしながら醸造管理としては各段にハードルもあがります、発酵時の徹底した温度管理や、注意深く発酵の状態を常にチェックすることが必要になります。


完成した製品は、「フレッシュ」で「フルーティー」は元より、ぶどう本来のみずみずしいテイストも加わったワインになります。

独自醸造

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

地域連携

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

見出しタイトルが入ります

創業祭:10月8日(日)2TH

見出しタイトルが入ります

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

品種 Breed:ニホンヤマブドウ

耐寒・耐病・非裂果性を備えた日本古来の品種、同山ぶどう系品種の中でも「希少価値」が高い

アムレンジス系山ぶどう アム-ル川周辺を中心とする東北アジア一体に分布し、品質は欧州種に近く「耐寒性」に優れています。


長年にわたり日本の厳しい自然条件に耐えてきたニホンヤマブドウは病気に強く裂果もしません

さらに耐寒・耐病・非裂果性を備え、品質も欧州種に近いアムレンジス系山葡萄として、ワインの原料としてはとても魅力的な品種と言えます。

(澤登晴雄著「ブドウ日本的品種・新技術より」)

ADDRESS

ACCESS
  • 〒017-0203 秋田県鹿角郡小坂町字上向滝ノ下22
    TEL

    0186-22-3130

    FAX

    0186-22-3184

見学お申し込み・お問い合わせ

TEL

0186-22-3130